FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず部分解説「成均館スキャンダル」
2010年09月09日 (木) | 編集 |
いや~、昨日今週放送の第4話まで「成均館スキャンダル」見たんですが、やはり字幕なしで時代劇は辛いですね~(汗)
何が辛いかと言うと、大体はまあわかるとしても、ところどころ重要なポイントのように出てくる文書だの、時代劇特有の単語だのが、一体なんなのかよくわからない(汗)。
そういったものは、もはや語学の問題というより歴史の領域になるので、辞書なんて引いても、単語としては出てこないですからね(汗)

と言うわけで、私が勝手に気になった部分だけ、韓国のサイトに行って調べてきたんで、適当に訳して解説を試みようかと。。
さして当てにならないかもですが、今度ドラマを見る上で恐らく?何かの参考になるかもなので、見たってくださいな(汗)
このドラマの概略と言うよりも、この時代劇であるドラマを見る上で、これを知らないとこのドラマは理解できないだろうと私が思う部分のみ断片的に解説を試みたいと思います。。

まずはこのドラマを理解するうえで必要なこととして、当時の朝鮮王朝では、ノロン(老論)派とソロン(小論)派ともうひとつのナミン(南人)派の権力争いが背景としてあるってことです。
その辺の詳しいことを知りたい場合は「イ・サン」を見ればわかる(のか?)みたいですが、私しきりに「ノロン」「ノロン」って言ってるのを聞いて、何かを揶揄して言ってる悪い言葉なのか~?な~んて思っていたんですが、実は派閥の名前だったわけですね(汗)

そんでもって、ユチョン演じるソンジュのお父さんは、このノロン派の長老と言うか、最高権力者ということみたいですね。
当時の朝廷ではこのノロン派が幅を利かせていたということみたいなので、ソンジュがまあ特別扱いされてる理由もどうやらそこにあるってことみたいですね~?

ちなみに、ソンジュ(あだ名は佳郎=カラン)、ユニ(あだ名は大物=テムル)と一緒の部屋で過ごしてるジェシン(ソ・ジソプそっくりさんであだ名は桀鷔=コロ)が、当初部屋からソンジュを追い出そうとした理由も、ソンジュがノロン派長老の息子であるという理由からみたいですね。
ジェシンはソロン派だからです。
(でもジェシンはソンジュの「いまこの部屋で敵見方をわけようとしてるのはノロン派ではなく、先輩であるあなただと思いますが」という反論に負けてしまい、とりあえず今後こいつの様子を見てやろうってことで、一緒の部屋でそのまま寝たってことみたいですね。)

そして、もうひとつのなぞである「금등지사(金縢之詞)」。

現王を非難する홍벽서(紅壁書)が都中でばら撒かれたのですが、その紙に書かれた内容は「先の王の遺志を掠め取ったものたちは非道な臣下であり、血に埋もれた真実に眼をそむける王は、卑怯な君王である」というものでした。

songyunngan.jpg
てか、紅壁書撒いたこの人って、私にはどうにもこうにもジェシン(コロ)に見えるんですけど、違うんですかね~?(汗)

現在の王・정조(チョンジョ)は、この홍벽서(紅壁書)を見て「금등지사(金縢之詞)か・・・」とつぶやいているのですが、この「금등지사(金縢之詞)」とは、広くは朝鮮の王が無念であったり世間に公に出来ない秘密の出来事を後世に伝え、その真実を明らかにする文書などをさし、ここで出てくる「금등지사(金縢之詞)」は具体的には、チョンジョ王のアボジである사도세자(サドセジャ)の死に関した文章であると推測されるようです。
(サドセジャはノロン派と結託した異母兄により濡れ衣を着せ刑死に追いやられたという歴史があるらしい)
そして、まさにこの「금등지사(金縢之詞)」を原因として、ノロン派とソロン派は対立しているということみたいですね。

また、4話でチョンジョ王が、ユニのアボジである元ソンギュンガンの博士であったキム・スンホンが残した辞職上訴文を박사 정약용(博士チョン・ヤギョン)に見せるシーンがあります。
キム・スンホンが暗号として残した遺言だと言いながら・・・。
この書を見たチョン・ヤギョンは「この遺言のままだとすると、王様、금등지사(金縢之詞)は・・・」と言い、チョンジョ王は「それこそが、そなたをソンギュンガンに送った本当の理由だ」と打ち明けます。

4話終了時までで、ユニのアボジと「금등지사(金縢之詞)」の関係はいまだに明らかにならないままですが、どちらにしても今度ソンギュンガンで繰り広げられる出来事の中で、ユニのアボジが금등지사(金縢之詞)と深い関係があるということは、今後ソンギュンガンで起こる出来事に、深~い影響を与えるのではないか?と思われます。

ソンギュンガンスキャンダル、単に女性が男性に変装して男性ばかりの中でラブコメが繰り広げられるのか!?と思ってましたが、やはりそこは韓国時代劇。やはりストーリーはなかなかに複雑そうですな~(汗)

追記)韓国のサイトを見てきたら、やはり紅壁書を撒いていたのはジェシン(コロ)でした。
ジェシンは、ソンギュンガンの中ではむやみに声を掛けることができないとみんなに恐れられている、いわゆる不良学生なんですが、実はそれには理由が・・・。
ジェシンは「金縢之詞」を守ろうとしていた兄が、ユニの父と共にノロン一派により無残に殺害されたという辛い過去を持っていたのです。
だから、彼は夜になると覆面をかぶって「金縢之詞」を明らかにしようと、紅壁書を撒いて周っているということみたいです・・・。
ユニの父がノロン派によって殺害されたとなると、そのノロン派の首領の息子・ソンジュとユニの関係は今後どうなるのか?が今後の話の見所なのかもですね。。



スポンサーサイト
「IRIS」のなぞ!?
2010年09月03日 (金) | 編集 |
たまにあるんですよね~。こういうドラマ。。
昨日、やっと今週水曜日最終回だったアイリスみたんですが・・・。
見る前から終わりがなんとも・・・って聞いてはいたんで、ハッピーエンドじゃないのは知っておりましたが、本当あんなになぞを残したまま終わるか!?って感じですよね(汗)

0131.jpg

アイリスの最終回のなぞをめぐって、ご覧になられてた方がおられるなら、トークしたくて、思わず記事書いちゃいましたw

私の予測としては、「禁断の果実を食べた」とか、ペクサンが自分の判断と言うより、上からの指示でスンヒを守っていた感じがしたこと、そして確か前にスンヒが好きな花がアイリスだと言っていたことを総合すると、どう考えても、スンヒはアイリスのボスの娘だと思われるのですが・・・。

だから最終回で結局アイリスのボスは娘の交際相手が、ヒョンジュンであることを容認できず暗殺したって感じじゃないでしょうか?
これまであんな銃撃戦の中でも死ななかったのに、最後であまりにあっさり死んじゃってびっくりしましたが(←死んでないといううわさも?)。。

それに、気になるのがペクサンはサウを将来アイリスの中で自分より出世できると言っていたにも関わらず、最後の人質事件のときには、アイリス上部はサウを切り捨てて、裏切ったわけです。
その辺も、なんだかどういう意図でそうなってるんだか、納得いかない・・・。

なんだか疑問がそのまま残って終わったドラマでしたが、これって、うわさの「2」がまた製作されれば解決するんですかねー!?

ま、どっちにしても、このドラマのアイリスみたいな所謂軍産複合体は、戦争とか紛争して人が死ぬことで利益をあげる集団なわけですが、アイリスは架空の団体としても、実際に世の中に本当にあるから怖いですよね(汗)
本当、こんな話はドラマの中だけの話にして欲しいです。。

それにしても、白昼堂々の外国での銃撃戦など、現実にあったら政治問題になりそうなこと満載で、突っ込みどころ満載なドラマでしたねw

私基本アクションものは特に好きじゃないんですが、もし「2」が出来たら、謎が気になってみてしまいそうですな~
てか、それが製作者の狙い!?(笑)
「大王世宗」
2010年05月19日 (水) | 編集 |
今日、録画してあった「大王世宗」を初めてみました。
前に一度録画だけしたのですが、結局見ることもなく、しかも相当もう話も進んじゃってるので、いまさら見てもな~って思って見てなかったんです。

でも、先日今韓国語教室に通われているトンペンでもある生徒さんが「大王世宗」にはまってる、命を懸けてハングルが作られたという話をドラマで見たら、ますまずきちんと勉強しなきゃという気になるということをおしゃっていて、それは、いま韓国語を教えてる私としても、是非見ておかなければ!!と思って、録画したら、なんと今日が最終回!!
あれま、もう最終回やないの?と思いながらも、見始めたんですが・・・。

これまで全くストーリーも何も知らない私が見ても、すっげー号泣。
何なの、この感動するドラマはー!!
と思って、これまた、いままで見てこなかったことを痛く後悔(汗)

てか、これまで一度も見てないくせに、最終回だけ見ても十分泣けるこのドラマって一体何!?って思っちゃいました。。

48742e1db8ab3.jpg

最終回だけ見ても、世宗大王が、いかに民をいつくしみ、民のためにハングルを作ったのかがよくわかるわけです。
そのことは最後のシーンを見てもはっきりわかります。

世宗と一緒に行った臣下に小さな女の子が「あのおじいさんは誰なの?」と尋ねます。
すると臣下はこう答えるのです。

「この世で一番高貴な人でありながら、一番低いところにおられる方だ」と・・・・。

本当に世宗大王がどんな人だったのかは、私は詳しいことは知りませんが、このドラマに出てくる言葉が、史実に基づいて作られてるのだとしたら、本当に世宗大王と言う方は、ハングルを作ったと言うことではなく、まさにその人格において、まさに優れてた君主であったと思わざるを得ない・・・・。

ドラマの始まりに「彼にとって民は天であり宇宙であった」みたいな台詞が出てくるのですが、ここまで一般民衆をいつくしんで政治を行ったのが本当だとしたら、それは本当にすばらしいことです。

今の政治家たちに世宗さんのつめの垢でもせんじて飲ませねばなりませぬ!!(笑)

というわけで、最終回見ただけで完全にはまってしまった「大王世宗」、もし再放送があったら、みなさん絶対見てほしいドラマのひとつです!!
私も今からすでに再放送を待ち望んでいます(笑)

世宗役のキム・サンギョンさんもとても爽やかで清々しく好感が持てますし、何より、どういった苦労の末にハングルが作り出されたのかを知ったならば、もはや「ハングルが覚えられない」などと言えなくなること、間違いなし!!(笑)

これから韓国語を学ぼう、あるいはすでに学んでいる方に、是非見てほしいドラマだと強く、強く思いました。
いまこうして私たちが韓国語を使用できてる、勉強できてるのも、この世宗さんがいたおかげなわけです。
そこにどんな王の苦労があったのかを知ることで、私たちが「記号にしか見えなくて頭が痛くなる」とか言ってる、いままで無味乾燥にしか思えなかったハングルの文字が、生き生きと世宗大王によって命を吹き込まれたものとして、私たちの目に映ってくることに違いありません!!

このドラマを見て、世宗大王と言う人が実際どんな人物だったのか、とっても興味が沸いてきたのですが、残念ながら日本では彼に関して詳しく書かれた本がないようです・・・。

おとなしく韓国語の本を探すしかないようです・・・(汗)
ドラマよもやま話
2010年04月22日 (木) | 編集 |
1週間もたった今さらなのですが、「素直になれなくて」第1回目のJJの演技についての私の感想は・・・。
思ったより?良かった!!というものでした~。
なんていうんですか?前に韓国で見た映画「天国~」は演技というより、名前も本人のままだし、どうにも「素」って感じがして、私としましては、演技者としてどうか?というのはよくわからない面があったというのか?
でも今回のドラマでは、「ああ、ジェジュンも俳優としても悪くないかも~」なんて思ったり(笑)

にしても、結構このドラマ、内容が・・・・(汗)
なんていうか、あんまり爽やかなドラマやないんですね。。
ちょっとみてて「げっっ」って思ってしまうシーンが結構?あって、JJが出てないなら私は見ないドラマのタイプですかね。
なんだかドラマの構成も、見ていてめまいがするっていうのか?
ま、これからどうなるのか?っていうのもありますが。

JJが水かけられたり、いびられたり、普通にスーツ着て働いてるのが、正直「似合わね~」って思ってしまったのは、私だけでしょうか~?
彼は顔が整いすぎていて、ああいう普通の役どころってなんだか現実感なくて?似合いませんよね(笑)
でも、ドラマの中でたま~に韓国語を話すJJに萌えていた私なのでした(←痛い子)
てか、私録画してみていたので、JJの出ているシーン以外は結構早送りして見ちゃってるし。
上野樹里ちゃんも、どうにも「のだめ」の印象が強すぎて、ああいう普通な感じの女の子はね~。
前に性同一性障害に苦しんでいる役どころのほうが合っていた気が?(笑)

どうにも、私本当最近は韓国ドラマしか見てないので、日本のドラマ、とくにああいう今風の現代若者の実態を描いたドラマって、もうひとつ興味が沸かない・・・。
まあ、でもわが子を見守る母の気持ちで、JJがちゃんと頑張ってるのか?見守ることにします^-^

ところで、私が最近はまってる韓国ドラマは、いまBSで月~金まで放送している「愛しの金枝玉葉」。
金枝(クンジ)玉葉(オギョプ)=大切な子って意味らしいですが、このドラマ結構面白いです><
何がええって、なにしろ方言バリバリの女の子も出てくるから、すっごく方言の勉強にもなるんですよ!!
ちょうど私の母の出身地と同じ方言(サトゥリ)なので(笑)

o0420045010427591183.jpg

なんだかこのドラマで毎日方言を聞いてるせいか?だんだん方言もわかるようになってきた気が?
方言ってなんだか聞いていても、楽しいですよね~

結構人間関係がややこしくて、どろどろしてますが、出てくる登場人物がそれぞれ魅力的で、毎回感情移入してまっって、めちゃ真剣になぜか見てしまいます(笑)
出てくる子役の女の子がすっごくかわいくて、見ていてあんな子供がほしいと思ってしまうほど><
このドラマを見てると、なぜかすっごく韓国に行きたくなってくるですよね~(泣)
たぶん韓国特有の人間関係の濃さが恋しくなるからなんでしょうね~
ひさしぶりに韓国に行きたいっすー(号泣)

あと、オンマとともにはまっているんのは、毎週木曜にこれまたBSで放映されてる「善徳女王」。
これは去年私が韓国にいるときから、ずっごい人気があるのは知っていたのですが、あんまりみたことがなかったんですよ。。
正直、時代劇って昔の言葉使ったり、よくわからない単語とか、当時の時代背景、特殊な文化とかに対する理解がないと、見ていてもつらい面があって、現代ドラマに比べると韓国語だけの放送はなかなか難しいんですよね~。
しかも私が気づいたときは放送もずいぶんすすでしまっていて、何がなんやらで。。

いまの日本での放送も実は最近本格的にはまって見始めてるので、わからない面もあるんですが、それはネットで調べて・・って感じで補っちゃいました(笑)

sondoku_sp.jpg

朝鮮の歴史上、史上初の女性の王として国を治めたのがこの善徳女王で、母に聞いたら、もちろん歴史で習ったと言ってました。
全部で60話以上確かあるので、まだまだ先は長いですが、気長に見たいと思います^^

それにしても、悪女・ミシェル役のコ・ヒョンジョンさんは、本当お肌がきれいですよね。
悪女といえども、その美しさに見とれてしまいます><
美しいお肌を保つ秘訣は、一切オンドル以外の暖房を使わないことだそうです。
ようするに肌乾燥させないようにするってことなんでしょうが、韓国は日本より空気が乾燥しているので、本当保湿には気をつけないと駄目なんでしょうね。
留学生仲間の中では、韓国にいると乾燥してるからしわが増えるって話をよくしていたんですが、私も行く前に比べると、確かにしわが増えた気が!?
みなさん、韓国に行ったら、お肌の乾燥にはくれぐれも気をつけましょう!!@-@
最近「美男이시네요」にパジョッてました><
2010年01月10日 (日) | 編集 |
前の記事でソウルが大雪だと書いたのですが、気象庁の観測史上一番の積雪量だったみたいですね・・・。
大雪を降らせたこの雲がイルボンでも相当雪を降らせたようで。
北海道とか一部の地方ですごいことになってましたね。雪も適度に降ると綺麗ですが、降りすぎると命の危険すらあるのだと思いました(汗)

さてさて、実は私年末の時期に、昨年秋に韓国で放映されて人気があった「美男이시네요」にはまり、ひたすらこのドラマを以前紹介したこちらの動画サイトで見ていました(笑)

YB_X_1.gif

放送されていた頃リアルタイムではみていなかったんですが、こっちに帰ってくる前に見始めて、日本でいると韓国語を聞く機会が減ることもあり、韓国語が懐かしくて仕方ないのもあって見始めたんですが、このドラマの主人公チャン・グンソク君がイケメンすぎて困る!!><

身長高し・頭小さし。そして極めつけは?私のもっともツボの声までよし!(笑)
非の打ち所のない男子というのは、彼のような人を言うのでしょう~。
もうね、もはや、彼を見るのは、美術鑑賞に近いですね(笑)
しかも、普段は無愛想な顔なんですが、満面の微笑みのときは天使みたいに可愛いんです><

ob_0.jpg

というわけで、目の保養、&韓国語の勉強(これはほとんど言い訳?)&耳の保養を兼ねてみてました。
日本でも確か2月からBSかなんかで多分「イケメンですね」みたいなタイトルで放映されると思われるので、是非御覧あれ!!

・・・・にしても、私実はドラマ全て見終わるまでこのイケメン主人公を演じている男優・チャングンソク君の名前すら知らなかったんですが、ネットで検索して驚愕の事実が発覚!?

なんと、かれ、「ファン・ジニ」でジニが恋した少年の役を演じていた彼だったんですね!!
そうとはまーったく知らずに「この子かっこええな~」って見ていたわけですが・・・。

本当「ファン・ジニのときは」まだあどけなさが残る顔で、ぶっちゃけハ・ジウォンの相手役にしては、あまりに年齢がつりあってないんだけどな~って思っていた、あのまだ幼かった彼が、もうこんな立派な男に成長しちゃってからに~と、時がたつ非情さをなぜか感じてしまった私なのでもありました(泣)
(まだ幼さの残る彼の映像はこちらの私が以前訳したファン・ジニの主題歌の映像を御覧下さいね^^)

にしても本当ええ男になったな~。
こんな韓国人男子はぶっちゃけ韓国行っても本当にいないけどね(笑)

ちなみに、このドラマに出てくるA.N.JELLメンバーの演奏が12/31のSBS演技大賞授賞式で
披露されたらしいので、それも貼り付けておきます^^
やっぱしグンソク君は見た目もさることながら、低音の声がかっこええ!!ツボです><



最初にドラマのクライマックスシーンでグンソク君が話してる箇所の訳を載せておきますね^^

お前 いま聞いてるだろう?
ここはとても明るく、お前がいるほうはとても暗くて
俺はお前を見ることが出来ない

どうか見えないところにいないでくれ
おれが見えるところに来い

俺がお前を見ることを許してくれ・・・


にしても、私日本に帰ってきて韓国語が恋しいのか、とにかく男性が韓国語で話しをしてるだけで、胸がときめくんですが?(笑)
なんだか韓国語ってやっぱしいいんですよね><
素直に感情を表現するって感じで・・・。

といわけで、最近男性の話す韓国語に萌えてしまう?ちょっと変な?私なのでありました(笑)

にしても、チャングンソク君、かっこよすぎ><
ごめん、また浮気して・・・JJ><

しかも「地球で恋愛中」を見てはミッキに心奪われて・・・。
相変わらずのフェロモン男ですな。彼は・・・。

2_20100104003034.jpg

全ての女性の心を奪っていくパク・ユチョン。恐るべし!!!!

あ、それと、焼肉の会に来られたくても遠くてご参加できない三日月様・komugiko様・utahime様、どうも心温まるコメントありがとうございました!!
本当はおひとりおひとりに返信を書きたいのですが、ちょっと最近いろいろ忙しくて・・・。すみません(汗)
「がんばれ!クムスン」放送中!
2008年12月10日 (水) | 編集 |
JUGEMテーマ:韓国ドラマ


今日、BSのテレビ欄をみて、ショックでした(泣)。
まえから、見たかった韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」が、12月5日金曜からもう放送しちゃってるんですね・・・(汗)。
月~金放送なんで、既に3回も見逃しちゃってるやないですか~!![:悲しい:]



「チュモン」でチュモンの妃・ソソノを演じていたハン・ヘジンちゃんが出演している、ホームドラマの傑作みたいなドラマで(最高視聴率42%)、面白いし感動するって話を前から聞いていて、いつ日本で放送するか?と楽しみに待っていたんですが・・・。

どうやら「思いっきり」見落としてたみたいです(泣)。

ま、全部で82回放送なんで、まだまだ先は長い!これから、毎日クムスンを頑張って見~よおっと!

私の好きなカン・ジファン君も出てるし!(笑)

「がんばれ!クムスン」BS日テレHP
「京城スキャンダル」
2008年11月24日 (月) | 編集 |
JUGEMテーマ:韓国ドラマ


「京城スキャンダル」。
このドラマ、少し前にBSで放送されているときに見ました。
いまもまたBSで再放送されているみたいですね。

「京城」は、今のソウルのことなんですが、このドラマ、ぶっちゃけ見ていて、辛かったドラマでしたね。
そんなに終始重苦しく描かれているドラマでは全然ないんですが、何せ登場人物が、日本帝国主義支配下の朝鮮で、独立運動をする人たち・・・。
テーマそのものが、実にシビアでした。



植民地支配下という、シビアな時代の中でも、みんな恋をしたり、バカなことをしたりと、明るく描かれている面が多いのですが、当時の時代背景というものが端々に描かれてるので、その時代を自分は経験したとことがないくせに、まるで過去の歴史にタイムトリップしたようで、辛いものがありました。

最後、想いあっている主人公のふたり、ワン(カン・ジファン)とヨギョン(ハン・ジミン)が、何とか命拾いして、列車に乗り込むシーンで、話は終るんですが、この独立運動をしていたふたりが、その後、どんなに平坦ではない道を歩むことになっただろうか?と思うと、全然ハッピーエンドな終わりには見えず、見終わってからも、色々考えさせられるドラマでした。



しかも、もう一組のカップル、イ・スヒョン(リュジン)とチャ・ソンジュ(ハン・ゴウン)は、相当悲劇的な感じで、お互い想いあっていたのに、悲恋に終るし・・・。
相当号泣ものでしたね(泣)



公式サイトでは紹介部分に「朝鮮時代にはありえなかった自由恋愛の思想、次々に入ってくる舶来品、違法ダンスホールで繰り広げられる夜ごとのパーティー。まったく悲壮感の漂わない明るく軽快な植民地時代の物語」なんて、書かれてますが、悲壮感をあまり漂わせず描かれているからこそ、余計、私には辛かったですね(泣)。

独立運動をしているにも関わらず、「妹がどうなっても良いのか?」と朝鮮総督府に脅され、仲間を売ったり・・・。
あからさまに朝鮮人を卑下する総督府の役人が描かれていたり・・・。
実際、当時、こんな辛いことが沢山、いや、もっとひどいことが沢山、実際はあったんだろうな、って思って見たドラマでした。

それにしても、ちょっとびっくりしたのは、このドラマで出てくる日本語の看板とかが、韓国にしては?ほとんど日本語に間違いがなかった点ですね~。
韓国に行って、街中で見かける看板や、書かれた本の日本語を見ると、相当間違いだらけなことが多いんですよね・・・。
なんてったって、多少間違ってても「ケンチャナヨ」精神の国ですから(笑)

でも、このドラマは、細かい部分まで日本語が間違ってなかったのは、日本人スタッフがいたからなか?なんて思いました。

それにしても、日本にいながら、日本の植民地支配下の朝鮮を描いたドラマが見れるとは、正直、思いませんでした。
多分、日本のお偉い方々は、こんなの放送してほしくないだろうけどね~(笑)

是非是非、日韓の歴史をあまりご存じないような日本の方々に、御覧頂きたい、そんなドラマですね。

実は、私、このドラマを見て以来、ソヌ・ワン役のカン・ジファンさんが、結構お気に入りです★
ちょっとびっくりしたのが、彼、私と誕生日がめっちゃ近いってことです。
彼は私の丸々?1歳年下なんですよ!それもあって、なんだか親近感が・・・(笑)

このドラマの中では役柄が「お坊ちゃん」なんで、いつもファッショナブルな格好をしていたのが、とってもお似合いな、爽やか青年でしたね。

今度12月2日から、BSジャパンで昼12時45分から、彼がキム・ハヌルさんと共演した「90日、愛する時間」が再放送されるらしいですね。

新年1月6日からは、これまたBSジャパンで、チャン・ヒョク主演の「プランダン 不汗党」というドラマも放映されるらしいので、新しい韓国ドラマ、いまから楽しみにしております!
ついに見てきた!?
2008年11月03日 (月) | 編集 |
JUGEMテーマ:韓国ドラマ


実は、11月1日、チェ・ジウさん主演の「スターの恋人」の撮影現場を見に行って来ました~。

おかげで、昨日はなんだか、疲労困憊・・・。
なんでかって?
14時から明日香村の伝板蓋宮跡っていう、遺跡で撮影をするって情報をゲットしていたんですが、早くはじまる可能性もあるか?と考え、12時には現地に着くように、家を早めに出て、飛鳥駅前でレンタサイクルを借りて坂道を自転車こいでひたすら行ったものだから、おかげで?筋肉痛と言うか・・・(泣)。

しかも結局大阪でのロケが長引いたらしく、明日香ロケが始まったのは、もう日も暮れかけてきた、16時過ぎ・・・。

実に4時間近く外で待っていてたんで、やっぱしなんか体力的にも疲れちゃいました・・・。
やっぱしロケなんておっかけるもんじゃないっすね。
でも、奈良で韓国ドラマの撮影なんて、もう今度期待できそうにないし、と思って一念発起して、韓国語の勉強も放り出して、行ってきたんですけどね(汗)。
もう今回で懲りました(笑)多分こんなことは2度としません。

それにしても、普段は人なんていないような、明日香でもかなりマイナーな伝板蓋宮跡(誰かの宮殿あとらしんですが、誰のものかよくわからないからあんまり有名ではないってことみたいです)に、集まった韓国ドラマ好きな女性の数々・・・。



奈良県にもこんなに熱心ないわゆる「韓流」ファンが、こんなにいたんやな~って感じですね。
聞いたら、みなさん、ソン・スンホン氏だの、クォン・サンウ氏だの追っかけてたり、韓流の雑誌を持って、座談会みたく輪になって、色んな韓流スターの話題を楽しそうに話されていました。
かく言う私も、ロケが始まるのを待っている間、ロケを見に来たご夫婦に声をかけられて、その方たちと色々おしゃべりしていたんですが(笑)。

韓国ドラマを見始めると、日本のドラマはどうも内容が薄くてつまらない、とか色々おっしゃられていて、やはり韓国歴史物はみなさんお好きなようで、勉強になるとおっしゃっていたのが印象的でしたね~。

ロケがなかなか始まらず、始まるのが3時半からという情報を得たので、待っているあいだ、近くにある日本最古のお寺、飛鳥寺に行ったりして、それなりに明日香観光もついでに満喫してきちゃいましたが(汗)。

いつも飛鳥寺は、明日香に遊びに行くと前を通るのは通るんですが、スルーだけしていて、実際、中には入ったことがなかったんです。
でも時間もあるし、最近読んだ世界遺産高句麗壁画古墳の旅という本で、飛鳥寺の初代住職が、聖徳太子の師であった、高句麗から来た高僧・慧慈という方だったと聞き、やはり飛鳥寺自体が渡来人と深く関係があると知って興味がわき、丁度行って見たいと思っていたんで行ってきました。



行った感想は、かなり良かったです。
入場料は300円かかりますが、日本最古の仏像、お年が1400歳の、飛鳥大仏様をみながら、色々お寺の方がしてくださる、飛鳥寺や大仏様の説明が、とても興味深く、かつ面白かったです!

飛鳥寺は、蘇我馬子が建てたんですが、聖徳太子も手伝って建てたらしです。
しかも、飛鳥寺の10年後に聖徳太子が有名な法隆寺を建てたってことで、寺の方が「とにかく法隆寺よりも日本で一番古い寺が飛鳥寺」と強調されていたのが面白かったです。
その上、東大寺の大仏様よりも年上で、とにかくいまある場所から飛鳥大仏様は1400年間動いていないってのが、すごいな~って正直思いました。

でも、銅が15トンも使用されているらしいんで、重くて動かしようがない?って気も、ちょっとしたんですけどね(笑)。結構大きさも大きいし。



飛鳥寺自体も、いまはいろんな天災などで建物自体が消滅してしまって小さな寺にしか見えませんが、実は法隆寺よりもはるかに大きな立派なお寺で、五重の塔もあったそうです。
そして、当時はそんな立派な建造物を建てる技術は日本(というより、倭の国?)になく
朝鮮半島から来た技術者集団やその子孫が建立したのが、飛鳥寺らしいです。

出来た当時は、金箔に覆われ、目もブルーアイだったという、飛鳥大仏。
昔の姿を一目見てみたかったですね~(笑)。
写真も撮り放題な飛鳥寺。
普通仏像とか写真撮ったら駄目な場合が多いんでけどね・・。変わった寺や~。


さてさて、肝心の?ロケなのですが・・・。

ロケが始まると、画面に野次馬である私たちが映って邪魔になるからと、か~なり離れた場所からしか見ることができなくて、正直もっと間じかでチェ・ジウさんを見れるかと思っていたんで、かなり残念でした・・・。

でも遠目でも、とても色が白くて、すらっとしておられるのはわかりましたよ。
正直、別にそんな彼女のファンってわけでもないんですが、休憩の間に、ソフトクリームを美味しそうに食べて、微笑んでいる姿とか、とても可愛かったです!

そのままロッテのアイスの宣伝に出れそう~!って感じでたよ(笑)。

ロケ中は、スタッフさんが「写真取ったら駄目です!」と怒って、こっちをずっと睨んでいるんで、正直私たちってただの迷惑?って感じでしたね(汗)。
私も、ロケが始まる前に、写真禁止なのを知らずに、ジウ氏がいる光景を写真で撮ろうとしたら、めっちゃ怒られて、正直怖かったです(泣)。

スタッフさんを撮るだけなら別に怒られなかったんで、その写真だけ載せておきます~。
撮影ってこんな風に行われるんや~ってのが間じかで見れて、それだけでも結構見ていて楽しかったですけどね。
秋の光景をカット的に演出したいのか?ススキを人工的な大きい扇風機みたいなもので揺らしているのを見て、スタッフさんたちも大変やな~って思いました。



相手役のユ・ジテさんはすごく長身な感じで、黒っぽいコートを着てましたね~。
顔はチャングムでミン・ジョンホ役をしいていた、チ・ジニさんに、遠目では似ているように思いました。
でも、私もこのブログのコメントでみなさんが教えてくださるまであんまり知らなかったんですが、ユ・ジテ氏はご存じない方が多くて、みなさん、「あの人誰?」って言ってました(汗)。ま、ドラマ初出演やから、仕方ないですよね~。

本当は、撮影を最後まで見たかったんですが、何分用事もあるんで、撮影が始まったらすぐ帰らざるを得なくて、ほとんど撮影現場も見れなくて、残念でした。

でも、チェ・ジウさんは遠目でも色が白くて可愛いってことだけは?よくわかったんで、良かったかな~!?
それにしても彼女の衣装が、「お忍びで日本に来た韓流スター」という設定だからでしょうか?上も下も茶色の相当地味~な格好で、もう少し綺麗な衣装の彼女を見てみたかったですかね(汗)

実は、チェ・ジウ氏より、飛鳥大仏様をまじかで見れて?充実した1日って感じですかね~(笑)。
来た~! ついに「スターの恋人」の奈良ロケが~!!
2008年10月18日 (土) | 編集 |
JUGEMテーマ:韓国ドラマ


以前も少しお伝えした、チェ・ジウさん主演の「アスカの恋人」改め「スターの恋人」。

「アスカの恋人」から「スターの恋人」にドラマのタイトルが変わってから、もう奈良県でロケは行われないのではないか?と、正直思っていました。

が、しかし、知り合いの方から、朝日新聞に出ていた記事を教えていただき、今月12日から今月下旬まで、奈良でロケがされるとの情報がぁ~!!

記事はこちら

奈良女子大とか、東大寺とか飛鳥の石舞台で!!



が、しかし、何日にどこでロケがあるかもわからないので、見学しようがない(汗)。

今年2月には、奈良をもろ舞台にした「鹿男あをによし」のロケ現場に、奈良町に友達とランチを食べにいったら、たまたま遭遇!

ばっちし、至近距離で玉木宏さんを見れたんですがぁ~!(めっちゃ顔小さかった!)

今回は、特に奈良市内に遊びに行く予定もないし(つーか、韓国語の勉強で忙しいし、トンのロッテショーに向けて色々準備せなあかんし)、できれば家から近い飛鳥ロケに遭遇したいけど、いつ来るかもわからないしな~。

でも、チェ・ジウさんが実際どれぐらい「大きい」のか、興味があるんですよね~!

韓国では、男性もそして女性も大きいほうが良いらしく、女優さんも大きい方多いですよね!
友達が、日本で背が高くてコンプレックス抱いている女性も、韓国では気にせず歩ける、と言ってました。

私なんてチビだから、かえって韓国では、駄目ですね(汗)。
日本では、「小さい女性は可愛い」っていう印象があるので、助かってます(笑)。

それより、相手役のユ・ジテさんは初めて見たお顔なのですが、どうもこれまでドラマは全く出演したことがない、舞台や映画中心の俳優さんらしいです。
かなりの演技派俳優さんとお聞きしました。

私が大好きな奈良が、このドラマで素敵に描かれて、韓国の方の印象に残りますように・・・。

「スターの恋人」大ヒット祈願ですよぉ~~~!!!!!
「エア・シティ」面白いやん!
2008年09月24日 (水) | 編集 |
JUGEMテーマ:韓国ドラマ


最近やっと余裕が出てきたので、録画してたまっていた「エア・シティ」を見た~。
結論的に言うならば、韓国では視聴率悪かったらしいけど、結構面白い!

チェ・ジウさんが、視聴率が低迷したこともあり「自分にはキャリアウーマンな役は似合わなかった」みたいなことを言っていたけど、それでも正直、日本の演技下手な女優さんに比べれば、全然演技も大丈夫やと思った。。

吹き替えを、いかにも「キャリアウーマン」ってな感じの声優さんがチェジウさんの声をしてるってことも、あるかもしれない・・・。

それにしても今日の「エア・シティ」で初めてトンちゃんの「ハルダル」韓国語バージョンがドラマの中で流れていたので、嬉しかった![:楽しい:]

だって、ドラマのエンディングでいつもちょっとしか流れないし、しかも日本語バージョンしか流れないから、微妙に不満だったもので。
もっとドラマの中でも流しておくれ~!!

それにしても、このドラマに出てくる俳優さんも結構知っている人が多くて、元の声を知っている人が多いだけに、吹き替えとのギャップを感じてしまうことも・・。

例えば空港病院の女医さん。
彼女は「幸せな女」で主人公ジヨンの姉役で出ていたのだけれど、そのときのキャラでは随分お茶目なキャラで、声も吹き替えのようなクールな感じではないんで、かなりギャップが~。
やっぱし吹き替えではなく字幕で見たいかも~。

ところでチェジウの相手役のイ・ジョンジェさんは、驚くほどに昔と顔が変わらない!(笑)
若かりし日の彼が出ていた、韓国ドラマ史上最高傑作と言われている「砂時計」を3年ぐらい前に見たけど、そのときは女性主人公のボディーガードを務めていて、そのときも味のある人やと思った。
今回の作品でも、顔だけ見ていると「う~ん」って感じやけど、やっぱし醸し出す「男の雰囲気」ってのがある人やな~って思う。
段々これまたカッコよく見えてくるから、韓国の俳優さんは不思議やね~。



ドラマの中で、「バードストライク」って言って、飛行機に鳥が当たったり、エンジンに鳥が入ったりするのが、「ミサイルよりも怖い」って言われていて、鳥ってそんな飛行機にとっては危険なんや~って初めて知った。
確かに「バードストライク」って聞いたことはあったけど、そんな危険やったとは・・。
このドラマを見ていると、私達が普通に乗っている飛行機も、安全に運行するのに、どれだけ空港職員の方々の苦労があるか、よくわかって、ある意味勉強になる。

ところで、韓国の空港といえば、飛行機から降りて空港内を歩いていると、ライフル銃を持った警察?軍隊?が歩いていたり、たっているので、正直初めて見たときは怖かった!
普通日本ではあんな露骨に銃もって立ったりしてないから。
彼らは結局何者なんやろか!?

あ、そうそう!
今日はBSで松田龍平さん主演の焼肉ムービー「プルコギ」が夜9時から放送される。
これも前から見てみたかったんで、ちょっと楽しみ~。

ついでに27日土曜日は「MUSIC FAIR」総集編で、東方神起の名前が~!
一体いつの放映されるのか知らんけど、とりあえずチェック~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。