FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに政府も認めたレベル7!!
2011年04月12日 (火) | 編集 |
いや、今日ついに原子力保安院認めちゃいましたね、本当のことを。
もう隠しようがなくなったということなのでしょう。。。

福島原発事故放射能放出量、最大時で1時間当たり1万テラベクレル!!

1テラベクレル=1兆ベクレルなんですが、それに更に「万」が付くので更に1万倍。
つまり1兆ベクレル×1万倍!!量が1時間で!!どんな数値!!

(ちなみに、1ベクレル=1 秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能をさす)

というわけで、チェルノと同様のレベル7をようやく認定。
しかも地方選挙終わって自民党が勝ったあとに!!

明らかにこれりゃ情報操作ってやつですね。そこまでしてあんたら原発進めたいのか自民党さんよ?
日本国民は今回は本当絶対自民党とか民主党とか原発推進してきた連中に票入れちゃ駄目だったんですがね(汗)

被害を矮小に描き出して投票させておいて、終わった途端、実はチェルノ並みの事故でしたとか、今後によってはチェルノブイリ越える放射能放出されるって本当のこと言うんだからー!!

私は事故直後から知ってましたよ?レベル7になることなんて?

誰ですか?事態を小さく見せかけようと「レベル5」だとか「せいぜいいってレベル6」だとか言っていた、お馬鹿な学者連中は?

こんな原発問題少しかじったことある程度の、大して頭良くない私ですら、最初からレベル7にならざるを得ない大事故だってことぐらい、わかりましたが?

いや、正直まだチェルノぐらいで済んでればまだ良いほうですよ。
何度も言いますが、チェルノは1基しか事故ってないんです。

しかし福島までは少なくとも3基がメルトダウンしてる。
しかもここ数日何度も震度6レベルの余震が直撃。

最初に津波を被って既に大きく損傷してるであろう原発に何度も大きな余震が直撃して、悪くなることはあっても、良くなるはずはないでしょう。

だから、言ったんです。
地震による原発災害の一番怖いのは、数奇の原発一気に故障、しかもその後も余震で更に故障。

一体誰だー!!
こんな地震大国であるイルボンに原発建てやがった人間はー!?


原発推進してきた政治家・議員・そして御用学者・電力会社のお偉い様方、みなさま今回の原発事故によってあなたたちはみんな「偽証罪」と「殺人罪」でつかまるべき方々です。

そして裁判の末、「死刑」にはしませんが、過酷な原発被曝労働に従事すべきです。
どうぞ、急性放射線障害で、死ぬより苦しい思いをしてから死んで下さい。

あなたたちの進めてきたばかげた原発政策のために、なぜ何の罪もない人々が原子炉に送り込まれ、作業させられなければならないのか?
全く納得がいきませぬ。

どうぞ、「安全だ」とずっといわれてきたのですから、それを証明すべく、原発の原子炉に是非その身を投じてくださいませ。

そうすれば、私たちもあなたたちのことを少しは?見直すでしょう。

せめて死んでお詫びをしようっていう気持ちぐらいは必要ではないでしょうか?

何の罪もない子供たちに原発被曝労働者波の年間被曝許容量20ミリシーベルトを強要し、本来ならばとっくに避難させておくべく地域の人々をみすみす放置して大量に被曝させ、挙句は、国民が放射能に汚染された食べ物を食べたくないといったら「風評被害は良くない」と、まるで私たち国民に全ての罪をなすりつけるような、その盗人猛々しさ。

チェルノのときも、ソ連の官僚が事故を住民に知らせもせずに数日放置したのもひどいとかなり思いましたが、いやはや、でもまだ彼らのほうが実はマシだった?とすら思う今日。

チェルノ時は避難時の被曝基準が年間5ミリシーベルト。これにたいしてわが国は年間20ミリシーベルト!
しかも放射能の感受性が強い=大人以上に放射能の影響を受けるためダメージ受けやすい子供までなぜか20ミリシーベルト。

もはや、ここまで来ると、ソ連の官僚のほうがまだ血の通った人間にすら見えてくるのは、一体どうしたことでしょうか?

ちなみに、チェルノ事故後周辺には25歳以下の若者がほとんどいないらしいですね。
なせか?それは当然原発事故の影響で、子供が放射能の影響を一番受けて病気で死んでいったからにからに決まってるではないですか?

それは、まさに5年後、10年後、20年後の福島の姿なのです。

こんな大事故起こして国民の多くを放射能の中に置き去りにしておきながら、彼らがすることといえば、被曝許容量の引き上げや、ネットなどで原発事故の危険性を報じた動画の削除などの情報統制、マスコミ規制。

どんどん北朝鮮や中国のこといえないことをしちゃってる日本政府なわけであります。

いやはや、それも仕方なし。
大体日本の政治家とかは、日本の政治ってやつは、そもそもかつての戦争を何の反省もせず今日まで突き進んできてしまったことから、そもそも国民の人命軽視の政治になるほかないわけで。

ドイツはナチスの戦犯を徹底的に戦後は政治界から追放、きっちりと戦争の反省をしてきたのに対して、日本は戦後戦犯はほとんど罪問われず、政界にふんぞり返って、結局政治を続けるわ、つまりかつての対戦でアジア諸国の人々に多大な苦痛を与えたのみならず、日本の庶民も戦争に動員して沢山犠牲にしてきたのに、そうしたことを一切反省してない人々が戦後の政治を動かしてきたわけで。

むしろ原爆の威力に感心しちゃって、自分たちも原爆持ちたいなんておもっちゃった人たちが政治をずっと行ってきたわけで。
だからこの狭い地震多発地帯の日本列島に気が付けば原発54基。

そのうち、なんとこの関西に近い福井県ではフランスや「原発先進国」すら「危険すぎる」と放棄してきた危険極まりない高速増殖炉「もんじゅ」すらあるわけで。

しかもこのもんじゅ(まるでお陀仏しろって名前に聞こえる、微妙なお名前)も実は昨年秋ぐらいから事故ってって核燃料担当のトップが自殺までしてる始末。

いやはや、我が日本列島に、安全な地帯はあるのかい?
いやあるはずない。だって日本は狭いくせに、世界の地震多発地帯の10パーセントを占めている。

少し前の余震でも青森の核燃料再処理工場や女川原発までスクラムかかって緊急用非常ディーゼル発電で運転される事態に。

あな、おそろしい、地震大国イルボンにある54基の原発たち。

こんな事態になるぐらいなら、どうして原発を建てることそれ自体を止められなかったのか、今となってはそればかりが後悔でならないが、残念ながら私たちが生まれたころには、既に原発は建てられてて・・・。

今からでも遅くはないから、いますぐ日本にある原発全てを止めるように、原発事故は1国だけではなく、世界に放射能を撒き散らすテロ行為。

いやいや「日本」といわず、全世界から原発をなくすように。
いま全ての原発を停止しても核のごみは大量で、数万年も保管期間。

その頃既に人類は生きてるとはとても思えないけど、でも地球に生きているであろう生物のことを考えても、後世に、未来の地球に責任取れない行為を、これ以上はしてはいけない。

ちなみに、神戸大学の地震学の石橋克彦教授は、日本は七十年ごとに大きな地震が来ることに警告を鳴らし、阪神大震災からいま日本は地震活動期に入ったと。原発が建てられた時期はたまたま地震がない時期だったと。

既に地震活動期に入ってしまったイルボンはどこで地震が起こるかわからない。

地震だけでも怖いのに、こんな日本に馬鹿みたいに原発建ててしまったから、地震や津波で命からがら生き延びても、待っているのは放射能地獄。

もしも日本に原発が1基もないなら、地震が来て大変でも、復興もすぐ出来る。

しかし原発あるために、復興すべき街も復興工事も出来ず、物資を届けることも出来ず。

あなおそろしい、地震による原発災害。

最後に、JYJイルボンでチャリティコンサート嬉しいが、しかし今では放射能のために、そのコンサートも実現するかが一番怪しい。
このように、原発は日本の復興ための一番の妨げとなっており、その経済的損失額は何兆円になるかが、気になるところ(汗)

少なくとも農業も漁業も、それに工業製品も売れなくなり、放射能により住めなくなった土地や飲めなくなった水、放射能によって今度出てくるであろう国民の病気に掛かる医療費に、原発の事故処理に掛かる莫大な経費。

これらにより既に破綻してる日本の国家財政は、ますます破綻度をまし、財政的にも、そして放射能によってますます日本という国が危機に瀕しているときにも、相変わらず選挙で勝つことだけ考えて、自分たちの利権をむさぼることしか考えてない政治家の方々。

一体こんな日本に、誰が作ってしまったのか?

日ごろは大人しい日本の庶民も、政府をもっと人間らしい血の通った人々によって運営されるものへと変える為に、なにがしかの行動が必要なときが、いい加減きたのかもしれません。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。