FC2ブログ
「放射能汚染時代」を行きぬくために「乳酸菌」と「高麗手指鍼」
2011年06月18日 (土) | 編集 |
さてさて、久しぶりに最近ブログを更新したんですが、最近一体なんのブログなんだかわからなくなってる?私のブログではありますが、基本的に自分が知ってるみんなの役に立つような情報を提供しようが趣旨なので、ご理解をw
それも、なるべく韓国ネタ?ということで。

最近色々ツイなどを通じて原発関係の情報&放射能にどうやって対処するのかという情報を色々集めてまして、色々実はご紹介したい話が沢山あるので、紹介しておきます。
ただし、ここで先に一言言うならば、以下に紹介する方法が、

本当に放射能に効くのか効かないのか?」という点に関しては、正直保証の限りではありません

私はその道の研究家もでも当然ないですし、研究家であったとしても、今まで誰もそんな実験なんてしたこともないでしょうから。
ただ、一般論としては様々な病気に打ち勝つためには「免疫力をあげる」ということは言える訳で、放射能に関しても、そうした方法で対処していくしかない(勿論放射能汚染されてない環境で住み、汚染されてない食品を食べれたらそれが一番の対策なのですが、残念ながら日本に住んでる限り大なり小なり私たちは放射能に汚染されたものを食べざるを得ない現実があります)のではないか?というのが私の考えです。

ではまず最初に。放射能すら栄養として取り込んでしまうと「言われてる」乳酸菌の培養の話から始めます。

「え?なんで乳酸菌?」って思われる方も多いかと思いますが、実はあのえびすのユッケ食中毒事件をネットで彷徨っていたところ、「食中毒で死んだりするのは、実は現代人の腸内環境に問題があるからだ!」って一喝されてるサイトにたまたまめぐり合いまして、それでよく見たらそのサイトでは「放射能に乳酸菌の摂取が効く」とか書いてあったわけですよ。

そんでそのときは「なんだか胡散臭いサイトだな~」ってスルーしてたんですが、結局普段から何か放射能への防御を出来ないかと考えてて「やっぱりもう一度あのサイト真面目に読んでみよっかな~」と思って読んでみたら、すっかり乳酸菌を作るのは楽しくなって、最近毎日毎日乳酸菌を培養しては「なんだか楽しい~」と思ってる次第です。

ここまで読んで「なんか、ひづるさん変なことにはまってて胡散臭い~」って思った方!
確かにちょっと?(いやかなり?)胡散臭く感じるかもですが、別に放射能に効くかどうかは別にして、乳酸菌はどう考えても体には良い菌だから、ほとんどタダで作れるんだから、試す価値大有りだと思いますよw

乳酸菌を始めとして良い菌類は、放射能すらエネルギーとして取り込んでしまうので、その力を利用して、もし体内に放射性物質が入っても、乳酸菌の体内に取り込んでもらって、便や痰などの形で体外に排放射性物質を排出してもらおうということですね^^

(放射性物質を微生物で回収の記事は→こちら

そうした菌類の力を利用して、放射能で汚染されたこの日本でたくましく生きていこうという主張をされていたのが、私が発見したサイトの方だったんです。

ま、私も自身で毎日乳酸菌飲料を飲んだりしてますが、本当に放射能に効果があるのか?って実験をしたわけでもないので、正直なんとも言えませんよ。

それに、これさえしてれば、汚染された場所に住んでも平気なんていう気も更々ないです。

なんと言っても放射能に対する一番の防御は勿論「被曝しないこと」なのは言うまでもありません。

だから、若い人は汚染されてない地域にいって住んで欲しい、それが一番です。
しかし、そうはいっても移住とか引越しとか大変って人も多いと思うんです。
だから、この方法を知ってても損は何もないんじゃないか?と私は思います(汗)

だって、乳酸菌摂取して害があるなら、勧めらないけど、害があるわけでもなし、かつ乳酸菌も毎日コメとくときに出てくるコメのとぎ汁で作れるんですから、お金も全くかからない

お金がかかってかつ「根拠のない」放射能対策の方法なら詐欺ですが、お金が掛からなくて別に体に害がない方法なら、とりあえずしてみたら良いんじゃないのか?ってのが私の考えです。

私元々天然酵母を果物から種おこしして作ってパンを焼いたりも以前からしていたので、乳酸菌を作るのもほとんど似たような感じで出来るので、絶対1回で成功できる自信もあったんで、早速してみましたが、1回目ですぐ成功!

本当、ヤクルトみたいな、ヨーグルトみたいな、乳酸菌飲料の独特のにおいがするわけです。

しかも、これ、凄いのが、単に飲んだりするだけじゃなくて、臭い消しの作用もあるわけで!
だって、においって普通雑菌が繁殖して発生するから、乳酸菌のような良い菌をスプレーで吹き付けることで、雑菌が減少するからなのか?においが消えるんですー!!
風呂に入れても良いらしいです。

本当作るの手間もたいして掛からないし、お金もかからないのに、腸内環境にやさしいだけではなく、嫌な悪臭まで消して、さらには「ひょっとして放射能にも何か効果があるかもしれない?」乳酸菌の培養、是非お試しあれー!!

というわけで、乳酸菌の作り方の参考サイこちら

この乳酸菌で、勿論ヨーグルトも出来ちゃいます!!
最近牛乳が汚染されてるのが怖くて飲めないので、大人しく豆乳(水が汚染されてなさそうな九州産の)にこの乳酸菌を入れてヨーグルト作ってるんですが、ちょっと独特のにおいはあるものの、まろやかで美味しいですよ!!
まるでヨーグルトと言うより、絹ごし豆腐のような食感と見た目です^^

ぶっちゃけ、放射能とか関係なく、乳酸菌がこんな簡単に培養できるなんて、もっと早く知ってれば、もっと前から培養して色々楽しんでたのに!ってマジで思ったほどです^^
いま無洗米とか言ってますが、米のとぎ汁を捨てずにこうして乳酸菌培養のために活用するのなら、とぎ汁を流さないので、環境にもやさしいし!

これからは、放射能だけではなく、食中毒が問題になる季節。
食品の管理が第1ですが、食中毒になっても、重症にならないためにも、まずは腸内環境を整えることから始めてみませんか?

既に山形に住まわれてるツイッターで知り合った方に紹介したら、試されたみたいで、乳酸菌の培養に成功して「すっぱいにおいがする~」って言ってはりましたw
今の時期、気温も高いので乳酸菌の培養も比較的早くできるので、はじめるに良い季節だと思います!

ところで、この乳酸菌の培養を勧めてる先生のサイトは見た目結構怪しいんですが(汗)、韓国の食文化をかなり褒めてくださってる方なんですよ。
先生曰く「中国でも朝鮮半島でも、昔から米のとぎ汁に野菜をつける食べ物(韓国なら水キムチです)を食べて、乳酸菌を積極的に取り入れてきたのに対して、日本にはそうした食文化がなかったけど、これからは日本人も積極的に乳酸菌を取り入れた食生活を送らなければならない」とのこと。

本当、昔から伝わる乳酸菌豊富な食事の知恵を、私たちも、米のとぎ汁で乳酸菌を培養することで、実感したいものですね^^

さて、次に、乳酸菌の培養とともに、最近私がはまっている「高麗手指鍼」

鍼ってなんか痛そうって思われるかた、多いと思いますが、別に鍼を刺さなくても、爪楊枝で刺激したり、お灸をするのでOK。(勿論重い病の場合は鍼をしたほうが効果がある場合もあるようですが、大概はお灸で効果があるみたいです)

元々そんなに身体が丈夫なないほうで、最近放射能のせいもあるのか?妙に喉の調子が悪い症状があったんですが、高麗手指鍼をしたおかげか?だいぶ症状がマシになりました。

現在兵庫県で鍼灸師の先生が月に1回開かれてる勉強会に参加して、色々学んでいますが、知れば知るほど、すごい治療法だと感心してる今日この頃です。

もし色々自身のあたは家族の身体の不調で悩まれてる方は、こちらの私がいま通っている先生のされてるサイトをご覧になられて、試されてみたい方は、先生のされてる無料モニターに行かれてみてください。
私もいま行ってる講座に行く前にまずは無料モニターに行って、この治療してもらったら、全身が、ぽかぽかして本当に驚きました。

先生の治療院は兵庫ですが、関東のほうでも講座を教えられてるみたいなので、興味をもたれた方はメールなどでお問い合わせを^^
とても親切な女の鍼灸師の先生ですよ。

高麗手指鍼サイトはこちら

鍼灸師資格を当然お持ちなんですが、身体にする鍼より手にする鍼のほうが効くと、いろんな患者さんを診てきて断言されてました。
だから、この手指鍼が広がったら、いま鍼灸師してる人たちは商売があがったりだから、鍼灸師に教えても本当広がらないのよね~って言ってはりますw
手指鍼は身体にあるツボが全て手にも存在するという考えで、治療するんで、身体だと自分では手が届かない背中のツボなども、手なので、全然自分で刺激が出来るし、とにかく自分で勉強すればしっかり治療が出来る=鍼灸院に通って治療するのより全然お金もかからない(道具代だけ)のが魅力だと思います。

これからは自分の身体の管理は、人に任せるのではなく、自分でケアするのが大切なのかもしれません。

そしてどうして私がこの高麗手指鍼を放射能対策として紹介したかというと、乳酸菌とは違って、こちらは本当単純に「免疫力をあげる」という意味において効果があるのではないか?と思ったからです(汗)

実際、癌の初期なら決まったツボにお灸を数ヶ月据えて良くなったとか体験談で、色々書かれてて、結局お灸を手のツボにすえる=血行をよくして免疫力を高めるという理屈だそうです。

そうした癌の治療方法などのページを読んで、放射能による癌を予め予防するのにも役に立つのではないか?と勝手に思ったので、紹介してみました。

とりあえず私がこれまで試した限りでは、手のツボに正しく刺激を加えられれば、身体がぽかぽかしたり、目がはっきり見えるようになったり、朝起きたときに身体がだるいのに、ツボ刺激したら急に身体がすっきり軽くなったり、などなど、本当にかなり即効性で色んな効果があわられる治療だと感じています。

私は元々虚弱なのもあって、漢方も鍼灸も、玄米菜食もマクロビも色々試してみましたが、正直今まで一番この高麗手指鍼が一番お金も掛からずに、効果がある治療法なのではないか?と感じております。
正直、私って疑う深い性格なので、最初は「そんな手に刺激したところで効くのかな?」って最初はものすごーく疑っていたタイプです。
しかし、実際モニターに行って見て、冷え性の自分が手にツボ刺激されたら全身がぽかぽかになった。
普通に身体に鍼したぐらいだと、あまり身体が温まったって感じない自分がです。
みなさんも自分で実感されるまで「ホンマかいな?」て思うでしょうけど、

大概何しても効目を感じれない私が言うんだから、かなり効果がある治療法だと思ってくださって結構だと思います。

何分、最近習い始めたばかりで、まだまだよくわかってない面も多いですが、乳酸菌の培養同様、免疫力を高めるという意味において、皆様にお勧めしたいもののひとつです。

ところで、韓国ではよく食あたりとか食べ過ぎでおなかの調子が悪いときに、親指を糸でぐるぐる巻いて、針を刺して悪い血を出してという治療は家庭レベルで一般的に行われてますが、これ、いま考えたらそれもこの手指鍼の原理なのかな?って思います。
高麗手指鍼の本を読むと、脳梗塞で倒れた人の指先を針で突いて血を出すことも効果があるらしいです。

ちなみに、私などは、いま「なんで韓国に留学してるときに高麗手指鍼習っておかなかったんだ」と後悔してるぐらいなので、韓国に留学などされる予定のある方、是非機会があれば習われることをお勧めします。
なんせ韓国が本場ですからw
実は30年ぐらい前に日本でも高麗手指鍼は紹介されているんですが、日本ではこのツボ療法を習ったのが鍼灸師の先生たちがほとんどだったために、世間一般には全然広がらず、認知度が低いんです。
でも韓国では300万人ぐらいの人が初級講座を受講したしてるって言われる程ポピュラーな治療らしいす。

しかし、日本でとりあえず独学でも自分で勉強したい方のために本を紹介しておきます。

高麗手指鍼を手軽に知りたいなら「てのひらツボ療法―高麗手指鍼の原理と応用 」という本を

【送料無料】てのひらツボ療法

【送料無料】てのひらツボ療法
価格:1,575円(税込、送料別)



本格的に何かの病気に治療に取り組みたいなら「高麗手指鍼講座」(9800円)を心よりお勧めします。

特に、高いですが、高麗手指鍼講座は本当に良い本です。
高麗手指鍼の原理と治療法がよく理解できる、素晴らしい本だと思います。
高麗手指鍼の本は、日本語に翻訳されてる本が少ないんです。その中で一番とてのよくわかりやすく整理された本だと思うので、一家に1冊あると、本当頼もしい本ではないかと思います。

そんなかんなで?K-POPとか韓国ドラマの次に、私が次に広めたいのが、高麗手指鍼です。
鍼灸師の先生は高麗手指鍼を「韓流ツボ療法」と言ってましたが、韓流ツボ療法是非日本でも広めたい。
私的には、これから様々な健康障害が生じるであろう日本に必要とされるのは、これらの治療法であり、

次に来る韓国ブームは韓流ツボ療法だと勝手に思っておりますw

さて、以上、私が最近試してみてる健康法をご紹介しましたが、皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

色々知れば知るほど、韓国は奥の深い国だと思う、今日この頃です。
韓国の先人たちによって開発されてきた水キムチを始めとする乳酸菌摂取の知恵や、手指鍼など、放射能とか関係なく、是非皆様の生活に取り入れていただければ、必ず何かの役に立つと思うので、ご活用なされることを祈ります。
スポンサーサイト