FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュンスと同じ時代に生まれたことに感謝します
2012年05月20日 (日) | 編集 |
昨日まで資格試験の勉強でちょっと大変だったんすが、今日はジュンスのソロコンに行ってきました!

正直勉強のために、新しいアルバムの曲もなんとなくしか聞いてないのにコンサートに行くことになったので、不安な部分もあったものの、いっての感想は

めっちゃ感動的な舞台だったということです。

何が感動的だったかって、とにかく、ジュンスのバラード曲、アンコールを含めた最後の3曲が!!

途中で私の大好きな「You are so beautiful」も歌ってくれてとても嬉しかったんですが、なんしか途中の歌を全て吹き飛ばすぐらい、最後の3曲、特に「사랑이 싫다고요(愛が嫌だって)」が、私としては、
これまで聞いたコンサートでのどの歌より、感動して、本当号泣
状態でした。

そもそもこの歌を歌う前にジュンスが「みなさんに話したいことが沢山あるんです・・・」

といいながらこんなことを言ったんです。

実はアルバムを作るときとても苦労しました。
みなさんもご存知の通り、いま僕たちは放送での活動が制限されてるから、アルバムを発表してもプロモーションとか出来ないわけです。
そうしたことが最初からわかった上でアルバムを作るって事がかなり精神的に大変でした。
あとコンサートをするためにアルバムを作るから12曲以上曲を作らないと駄目というのも大変でした。
なぜなら、僕たちはこうしたコンサートを通じてしかファンの皆さんには会えないからです・・・。


今から歌う曲は、実は録音がとても大変でした。
音程が大変とかじゃなくて歌詞に感情移入しすぎて歌えないというか・・・。
とても録音に苦労したんですが、昨日は上手く歌えました。

今日も上手く歌えるかはわかりませんが・・・・。


そんなことを言いながら彼は「사랑이 싫다고요(愛が嫌だって)」を歌いだしたんですが、もう歌いだしの部分から感情が高ぶって、震える彼の声。

とくに歌の最初のほうの

요즘은 정말 사는게 사는게 아니야 그냥 니가 보고 싶어
最近は本当に生きるのが生きてないみたい ただ君に会いたい

で本当に声が震えて泣きそうなジュンスの顔を見て、涙が溢れる溢れる。

勝手な想像かもしれないけど、やっぱし放送に出るのが制限されてるという中で、彼ら自身が「生きるのが生きてないみたい」って感じてるのかな?とか、「ただ君に会いたい」という部分で誰か思う人がいるのかな?とか、それとも、イーバンシンギのチングたちを思い出して会いたいって思ってるのかな、とか色々想像してしまって、何か勝手に共感モードに突入して、私も涙がひたすら滝のように流れる、流れる・・・。

涙を拭いても拭いても次々に涙が出てきて本当困ったほどです・・・。

次に歌ったバラード(なんだったけ?汗)のときも、私も高まった感情が抑えれなくて、もはやジュンスが歌う声を聞くだけで、ひたすら涙が流れてくる状態(汗)

最後にアンコールで「落葉」を歌ったんですが、ジュンスは最後の「다시 시작(また始まる)」を歌い終わって、綺麗な一筋の涙を流しました。

それをみて、また私も感情が高ぶって、もう本当、周りに人がいなかったら、わんわん泣いてしまいたい気分でしたよ。。

どんだけ人泣かすねん、ジュンス、状態(汗)


それ以外のダンス曲でもダンスも切れてるし(やたら外国人女性ダンサーと絡むシーンが多かったのはちょっと気に入りませんがw)、華麗なる踊りに、絶対的な歌唱力を基礎にした歌といい、正直オーバンシンギの中でも一人でこうした舞台がこなせるのはジュンスしかないだろ?って気になるような、そんなコンサートでした。

ジュンスが先日ツイッターで

「ストリーミングが何かとかもうやめられても良いですよ~ただ僕が好きな音楽、好きな歌を歌える・・・そしてその音楽を聴いてくれる皆さんがいるのでそれで満足です。公正性とかいうことは既に僕たちとは遠い話でしたから・・・そんなことで僕は疲れたりしないですから・・^^」

ということを言ってたのを思い出して、私たちペンが、これからもこんなに素晴らしい、まさに「韓国の国宝」ともいえる彼の歌の才能を、不当な理由でその才能を妨害するようなことから守ってあげないと!っていう気になったし、「音楽を聴いてくれる皆さんがいるのでそれで満足」と言ってくれる彼の優しさを今日も感じたと同時に、そう思ってくれてる彼の思いに答えて、とりあえず、今彼らの出来ることがコンサートでファンに会うことなんだったら、コンサートのたびに、全ての用事を排除してコンサートに行ってやろうやないの!(韓国国内の 笑)って思った次第ですw

だって、よく考えたら、最近の記事にもかいたように、彼らもそろそも軍隊に行くとか行かないとかいう話もあるし。。
もう、今後はなるべく出来る限り多くのコンサートに行って、彼らを応援して行こうって思ったわけです^^;

そして、こんなにも胸を打つ歌を歌ってくれるジュンスが、この世に生まれてきてくれたことを、凄く感謝したい気分になりました。

私に中ではシアジュンスは、本当韓国・アジアのみならず、世界一の歌手です。

歌唱力だけとれば優れた歌手は沢山いるだろうけど、彼の歌は、単に歌唱力だけじゃなく、何か人の心にストレートに響くものがある。
それは、もう努力だけでどうにかなるものではなく、生まれ持った素質なんだろうと思います。

誰にも真似できない彼だけの歌の力がある。

今日はそれを改めて感じたし、本当にジュンスは「歌うために生まれてきた人」なんだと思った日でした。




昨日のではありますが、「사랑이 싫다고요(愛が嫌だって)」を歌ってる映像があるので貼り付けておきますね!!

でも、正直なまで聞くのとまた違うし、勝手ながら今日のジュンスの사랑이 싫다고요(愛が嫌だって)のほうが私はよかったよ思いますがw

本当、この歌はアルバムとかで聞くんじゃなくて、ジュンスの生歌を聞かないと駄目な曲だと思います。

訳を載せたときに歌を聞いたんですが、そのときこんなによい曲だと思わなかったぐらい、生歌が良かったです。

本当、今日は良い意味で「シア廃人」にさせられた日でした。

早くDVDでないだろうか?w

てか、私、今日で本当ジュンス落ちしちまった気がします?

結局オーバンシンギペンは、最後にはみんなジュンスの歌にやられて、シア落ちするんですが、何か?(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。