FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トライアングル」が訴えかけるもの
2008年09月27日 (土) | 編集 |
JUGEMテーマ:東方神起


東方神起の「トライアングル」。

この歌は普段、あんまり聞かないかな~?
途中で誰かが絶叫している(多分ユノ?)のが聞いていて痛々しくて、あまり好きではないというか・・・。
でも、歌詞の内容は、とてもメッセージ性が濃くて、いかにも韓国らしいなって思わせられる曲のひとつです。

モーツァルトの交響曲第40番 ト短調 K.550 を題材にした曲ですが、モーツアルトの曲では、ふたつしかない単調の曲のうちの、ひとつだそうです。
単調ってことは曲の感じが暗いってことですね~。



매일 보는 사건
毎日見る事件

끊임없이 죽음들을 만들어 내는 곳
絶え間なく死を生み出す場所

이 땅엔 자비란 게 사라진 걸까?
この土地には 慈悲というものは 消えたのか

난 이제 보지 않겠어 듣지 않겠어
俺は もう見ないし聞かない

추락하는 현실 가치로만 계산 하지마
墜落する現実 価値だけで計算するな

인간의 존재는 소중하잖아
人間の存在は 重要じゃないの

무뎌진 가슴에 피 눈물이 또 흘러
鈍感になった胸に 血の涙がまた流れ

이젠 어떤 걸로 나를 자극하려 하는가
今度は どんなことで 俺を刺激しようとするのか

아름답게 세상을 채워주던 존재만큼
美しい世界を 満たしてくれた存在ほど

우리 안에 미래를 향한 꿈도 죽어버렸어
俺らの中で 未来へ向かう夢も死んでしまった

모두 감당 할 수가 없는걸
全て うまくやり遂げることはできないことを

흘러내릴 눈물까지도 없는걸
流れる涙までもないことを

뼛속까지 파고든 아픈 상실감
骨の髄まで沁みこんだ 痛い喪失感

이제 더는 참을 수 없는데
もう これ以上は 耐えられられないのに

You! got the Power!

바로잡을 수가 있는 힘을
正すことができる力を

넌 허비하지 말고
君は 無駄にしないで

좀 더 인간적인 얘기들을 비춰야 돼
もう少し 人間的な話に 光を当てなければ

I don't know, why hate this moment

사람들은 재미없다고 하지 않는데
人々は つまらないと言わないのに

Why you tell me Lies..

무뎌진 가슴에 피 눈물이 또 흘러
鈍感になった胸に 血の涙がまた流れ

이젠 어떤 걸로 나를 자극하려 하는가
今度は どんなことで 俺を刺激しようとするのか

아름답게 세상을 채워주던 존재만큼
美しい世界を満たしてくれた存在ほど

우리 안에 미래를 향한 꿈도 죽어버렸어
俺らの中で 未来へ向かう夢も 死んでしまった

사랑하는 사람들의 눈을 바라봐
愛してる人たちの目を見てみて

그 기쁨도 보이지 않니?
その喜びも 見えないの

이 세상이 가치 있는 것들로
この世界が 価値あるもので

가득하단 걸 말해줘
満たすって言っておくれ

난 어떡해 버려진 존재들 앞에
俺はどうしたらいい 捨てた存在を前に

아무런 말 없이 서있어 이건 안되잖아
何も言えずに立っている こんなのは駄目だろ

난 어떡해 병이 들어가는데
俺はどうしたらいい 病んでいくのに

보고만 있다는 건 견딜 수 없어
見ているだけなんて 耐えられない

Someday, oneday

니가 또 버려버린 문제들에 곁엔
君が また投げ出してしまった問題のそばには

너도 남았고 나도 남았지
君も残ってるし 俺も残ってるんだ

남의 상처들을 즐겨 보지도 마
他人の傷を 楽しんで見るなよ

부메랑이 된다
ブーメランになるから

One Flow we want the flow
we got the flow
we want the flow I got the flow,
Show Now I growling on earth

우리에게 뭘 보여주고 싶나
俺らに 何を見せたいんだ

It's so funny
I say no

이젠 우린 원하지 않는데
もう 俺らは 望まないのに

너는 바꿀 수가 있다고 믿는데
君は 変われると信じているのに

어둠속을 헤매는 칼끝까지도
暗闇の中を 彷徨っている 切っ先までも

모두 감당할 수가 없는걸
全て うまくやり遂げることはできないことを

흘러내릴 눈물까지도 없는걸
流れる涙も ないことを

뼛속까지 파고든 아픈 상실감
骨の髄まで 沁みこんだ 痛い喪失感

이제 더는 참을 수 없는데
もう これ以上 耐えられられないのに

무너진 가슴에 아픔들을 보여줘
壊れた胸に 痛みを見せておくれ

내가 도와줄 수 있게 니가 길을 보여줘
俺が助けられるよう 君が道を見せておくれ

아름답게 세상을 채워주는 존재만큼
美しく 世界を満たしてくれる 存在ほど

소중하게 지켜줄 수 있게 만들어야 돼
大切に守れるように 作らなければいけないよ


これまた作られた背景とかわからないと、どうも「?」って感じの曲です。
でも、これはアルバムでも解説されていましたが、9・11以降の世界のムードに対するメッセージを込めた歌なんだそうです。

解説では、簡潔にそれぐらいしか書かれていませんが、勝手な私の解釈を書きたいと思います。

9・11以降、アメリカを始め、世界の国々が「テロへの報復」と言う名の下に、アフガニスタンやイラクで戦争をして、罪なき多くの子供や老人、一般人を殺している。

そんな現実に対して、明かに「アンチ」を唱えている歌だと思われます。
毎日イラクやアフガンでいまも繰り返される「対テロ」と言う名の下での戦争。
空爆で逃げ惑う市民、無残に殺戮される人々。
まさに「対テロ」のお題目さえあれば、どんな殺戮でも許されてしまうかのような世界。

そんな世界の現実に耐えられず、血の涙を流し、この病んでいく世界をただ見ていることなんて出来ない、戦争とか殺戮ではなく、人間的な話の通じる世界へと変えていかなければいけない、そんな歌だと思います。

「ブーメランになるから」と言う部分は、とても重要で、結局「報復」という名で行われる戦争で、罪なき人を殺せば殺すほど、それは自分達にしっぺ返しとして返って来るからという、警告ですね。
当たり前です。自ら憎しみの種、恨みを買う種を撒いているのですから。

仏教用語では、これを「因果応報」と言いますが、そもそも9・11の「テロ」と言われているもの自体が、まさにブーメランとなってアメリカに返って来た「因果応報」な事態だったのですから。

確かに、9・11で何亡くなられた方々はとてもかわいそうだと思います。
でも彼らは「テロリスト」の犠牲ではなく、まさにアメリカ政府の行ってきたこれまでの戦争政策が招いた犠牲者だと言えるでしょう。

中東地域でそれ以前にアメリカ政府が行ってきた、数々の蛮行、侵略行為、殺戮。
とりわけ1991年の湾岸戦争で、アメリカ始めとする多国籍軍が準核兵器である劣化ウラン弾やクラスター爆弾を使用して、その結果どんなに多くの子供達が、白血病や奇病そして爆発で体を損傷して今も苦しんでいるか・・・。
(詳しくは森住卓氏の「イラク-湾岸戦争の子どもたち」を御覧下さい)

パレスチナ問題を巡っても、中東の人々の反感を買うようなことばかり、アメリカ政府はこれまでしてきました。

こうして中東の人々を苦しみや悲しみに突き落とし、中東のイスラム教徒の憎しみを買うようなことをしてきたのは、他ならないアメリカ自身なのです。

しかし、そのことに対する反省の色微塵もみせず、「十字軍」の名さえ語り、中東地域の人々の反発をまたしても軍事力でねじ伏せ、更にイスラム教徒の憎しみと怨念を買うことで、彼らが言うところの「テロ」の火種をもっと撒き散らしているのが、いまのアメリカという国の現実です。

そしてこのアメリカの行う「大義なき」戦争に、従っているのが、世界の国の政治家たちです。日本もしかり、です。
韓国も、「民主的」といわれたノ・ムヒョン大統領でさえ、アメリカの脅しに屈し、嫌々ではあったと思いますが、アフガニスタンに軍隊を派兵してしまいました。

だからこそ、作詞者であるユ・ヨンジン氏は、この歌を作詞したのではないか?と勝手に思っています・・・。

以上、またしても、私の勝手なトンバンシンギの歌の解釈&勝手な自分の意見でした(汗)。。
コメント
この記事へのコメント
No title
姫様、
宗教~!!
確かにそれも気になるポインツ満載です!
トンちゃんは確かにクリスチャン多いんですよね~。
ジュンスとかユチョンは発言もそういう発言が確かに多いですよね~。

ジュンスがオンマに「神様は本当にいるの?」なんて弱音を吐いたしていたんですか~。可愛いですね~。
中2までサンタさんを信じてた!!
半日泣き続けたなんて、今時そんな純真なお子さんがいるのか!?ってなぐらい、真っ白で純真なジュンス・・・。
確かに、可愛すぎて死にそうですわ~(笑)

ユチョンはよく「神様」ってことを言ってる気がします。
トンバンが、やたらクロスネックレスをつけているのは、キリスト教徒だからってのは、前から知っていましたが、どうもわからないのは、JJは無宗教なのに、とりわけでかい十字架をつけていた気が・・・。
あれにも、何か意味はあるのでしょうか・・・・?

韓国はキリスト教本当多いですよね~。
街を歩いていても、とても教会が多い!
ちなみに私の韓国の母の妹の旦那さんも牧師さんです。
結婚式も教会で従妹は挙げてましたよ。

ユ・ヨンジン氏もキリスト教徒かどうかまでは知らないのですが、「慈悲」だの「贖罪」は、確かに宗教っぽい語彙ですよね。

そんなまだお若い人なのですか!?
それは意外と言うか、韓国は若い人でも哲学的なんすかね?

ビジュアル系コンセプトだけは、いまだに意味不明ですが、昔日本でもロックは反体制と言うか、社会にアンチを唱えるものがロックだったので、ロックぽくしているとか・・・?
なぞはつきませんー。-

「Hey!」は確かに全然メッセージ性ないかもです(汗)


はいじ様、

「HEY!」を歌う映像は、確かに、衣装がとても気になりますよね!なぜ「尻尾」とか・・・?
ユノの手首に毛はそんな変な感じしなかったのですが、尻尾と一緒に考えると・・・。
野獣!?(笑)
2008/09/30(火) 23:56:39 | | ひづる [ 編集]
No title
ひづるさん、こんにちは、

386世代、おお、新しい専門用語。
勉強になります。

トライアングル、ヴィジュアル的にいうとあの頃、韓国では
あのようなファッションとかメイクが最先端だったんでしょうか?途中バックで登場するシャウト系バンドもヴィジュアル系でした。
ジュンスの白髪がハラボジ・・ああ~おかしいです

そして姫様:
ジュンスが中2までサンタさんを信じていた・・・
本当にかわいすぎます。この方、本当に両親に愛されてそだったんだなぁといつも思います。

そして新曲HEY!もユ・ヨンジュンさん??
あの曲まだなじめてません・・
いまさっきカムバックステージで歌う彼らをみたのですが、
つけている毛の尻尾が気になります。
ユノは手首に毛つけてるし・・
まさか深い意味はないとおもうのですが。
2008/09/30(火) 14:27:06 | | はいじ [ 編集]
No title
またしても意外にも奥の深いトンバンワールドへ突入ですね(-_☆)

私は哲学的という他に、もう1つクングメポインツがあるんですよ!

それは†宗教†

トンのメンバーではジュンス、ユチョン、ユノがキリスト教(宗派は謎)、
チャミが仏教、ジェジュンが無宗教らしいですが(非公式なデータかも;)
信仰している宗教によっても良い・悪いは関係なく無意識に
ものの捉え方や考え方に差が出ると思うんです。

私はユス寄りなのでどうしてもあの2人に目が行ってしまうんですが、
キリスト教徒ならでは!と思わせる言動が色んな場面で多いです★
ジュンスは変声期で苦しんでいる頃、毎日毎日お祈りをして
オンマに「神様は本当にいるの?」なんて弱音を吐いたり、
オフで実家に帰って何したのかと聞かれると「教会へ行った」などと
天使発言多数です。(笑)ええ、確かに彼は天使ですけどね(爆)
これは余談ですけど、中2までサンタさんを本当に信じてたジュンちゃん、
学校で真実を知っておうち帰って半日泣き続けたらしい(可愛すぎて死ぬ*)
ユチョンは賞を獲った時「天にいらっしゃる神様に感して・・・」
っていうようなコメントを大観衆の前でしてましたしね★
ユノぐんはリーダー発言のためかあまり信仰を感じさせませんが-
(だから彼らがやたらにクロス†のアクセサリーを身に付けるのも
 この信仰心を考えると特に不思議なことではないんですよね)

韓国はキリスト教が仏教より多く、街中にも結構教会が多いですよね?
で、おそらくユ ヨンジン氏もそうなのではないかと歌詞を見ると思う訳です★
慈悲だの贖罪なんて言葉、いまだかつて私は使ったことないですっ!(笑)
でも彼は意外にまだ若いみたいですよ?私とそう大差ないくらいかも~;

そういった視点から広がる世界は、あの歌詞に表れて不思議はないですし、
また対テロや世界平和のメッセージとなれば完全に理解出来ます★

にしてもこのビジュアル系コンセプトは何なんでしょうかねー?!
ぶっちゃけこっちの方が疑問投げかけてるやん!!!(爆)

4集収録曲の「Hey!(Don't Bring me down)」♪もユ ヨンジン氏が
作ったそうですが、この曲にはあまりメッセージ性ないかも??

あー、、、待ち遠しい・・・(-_-;)〆

























2008/09/29(月) 15:36:17 | | 姫 [ 編集]
No title
はいじ様、

そうですね。9・11の鎮魂歌的意味合いにも聞こえますが、CDで書かれていた「9・11後の世界に対するまなざし」というくだりや、「ブーメラン」っていう歌詞からして、多分私の推測の方がフィットするのかな?と。

あと、私が勝手に推測するに、この歌詞を作られたユ・ヨンジンさんの、色んな歌の歌詞から推測される思想的傾向からしても、そうではないかと。

この方は、多分韓国のいわゆる386世代ではないでしょうか?民主化運動の先頭に立っていた世代というか。
その世代の思想的傾向からすると、多分こんな感じの歌詞の解釈で合っているかな?と。

実は、MVを、この歌はあんまりじっくり見た記憶が・・・。すみません!
でも、受験生?それは確かに意味不明です。。

トライアングルでは、どうもチャミ以外も結構変じゃないですか~!?
どこのハードなロックグループやねん!みたいな、突っ込みどころ満載な感じが・・・。

でも確かにチャミは特に髪型ツンツンですね~!
漫画にこういうキャラ、確かにいそうです(笑)

私には、ジュンスの方が、どうも・・・。
その白い髪、ハラボジみたいやから、やめない!?って感じです(汗)。
2008/09/28(日) 22:37:18 | | ひづる [ 編集]
No title
ひづるさん、

歌詞の訳と、されに対する解釈、興味深く読ませていただきました。
9・11の鎮魂歌的意味合いの歌かと思いきや、(実はあまり歌詞を読み込んでない)むしろテロ後の報復行為に対するアンチメッセージだというふうにも読める・・
うぅむ、深いですひづるさん。
特に「ブーメラン」=因果応報のくだり、腑に落ちます
あの曲だけ、デビューアルバムで異彩を放ってますよね。
やはりあの方の作詞作曲だからなのでしょうね。

ところでMVみると受験生の姿映りませんか?
歌とのつながりがいつも不思議です。

あの・・・おもいっきりミーハー的で恐縮ですが、あのMVでのチャンミンの髪型と化粧みてるとこちらが恥ずかしいです
特にあのとんがりヘアーが・・
他のメンバーはそれなりにかっこいいのに、どうもチャンミンは漫画みたいで。
漫画であんな頭の男の子がいたような記憶があるけど、おもいだせない。(チャンミンファンの皆さん、すんまそん)


2008/09/28(日) 16:58:51 | | はいじ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。