FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日の複雑な思い・・・
2009年03月01日 (日) | 編集 |
韓国に行くたびに、複雑な思いになることがある。
今回2月の滞在時もそうだったのだが、韓国に行くと在日韓国人は「日本人扱い」されるってことだ。

ある意味それは当然のことなのかもしれない。
私たち在日は韓国人とは言っても、私のオモニのように大きくなってから韓国から日本に来た人を除いて、ほとんどが日本で生まれ、日本語を「母語」として育ってきている。

だから、当然?韓国語を話せない在日のほうが多い。
親が相当意識を高く持って、韓国語を教育しない限りは・・・。

だから、韓国に行くと、流暢に韓国語が話せないから、当然「日本人」だと思われる。
おまけに帰化なんてして日本のパスポートなんて持っていたら、余計にそうだ。

いくら在日が意識の中で「自分は韓国人」と思っていても、韓国に行けば「日本人」扱い。
初めて、そのことを感じたのは、高校のときに民団(韓国系の団体)で夏季学校で2週間ほど韓国に滞在したときだった。

当時私は、韓国語がまったくわからない状態で、ハングルを見ても何かいてるのかまったくわからないから、気分が悪くなるほどだった。

そんな中、ホームステイさせてもらった同じ高校生の女の子のとコミュニケーションをとる手段は、ひたすら英語。
それで、その子とロッテワールドに遊びに行ったとき、その子が私のことを在日韓国人だとある店員に紹介したら、その人は私に「どうして韓国人なのに韓国語が話せないのですか?」と言ってきた。
勿論韓国語で。
それをそのチングが英語で訳してくれたから、意味がわかったのだが・・・。
私はその人が韓国語で言ってるから、意味はわからないにしても、何だか私のことをあまり快く思ってない雰囲気だけは英語で訳してくれる前から感じていた。

そして、訳してくれたチングも雰囲気から同じようなことを私に対して思っているのかと思うと、とても悲しくなった。

日本でいつも在日韓国人であることから来る疎外感を感じていた私は、当時「でも母国に行けば母国の人々は在日を温かく迎えてくれるのでは」という幻想を抱いて韓国に行ったわけだが、その幻想はものの見事に砕け散った。
韓国でも在日はやはり「外国人」だった。
いやむしろ、韓国人のくせにどうして韓国語が話せないとなじられた。
彼らからすると、朝鮮半島を植民地支配していた日本の言葉しか話せない韓国人など、「許されない韓国人」であるかのように・・・。

そのとき、私は思った。
日本に住む在日が、好きで日本で住んでるわけじゃない。
朝鮮半島の植民地化ということがあって日本に農地を奪われたりして、食べていけなくなったから日本に渡った人が多く、戦後は朝鮮戦争などで故郷は戦地になって、帰っても生活のすべもないから帰るに帰れず、仕方なく故郷を偲びつつ日本に住んでる人も多いし、日本で言われなき差別とたたかいながら必死で生きている。
なのに、そうした在日のおかれてきた状況に同情するどころか、本国の韓国人はそういう在日の歴史になにも関心がない、あるいは知らない、興味がない、無理解に思えるその一言に大変ショックだった。
私は本国・韓国人は、そういった在日の歴史的経緯について当然知ってるものだとばかり思っていたから・・・。
(確かにその人が言うように、日本で生まれ育っても親が子供に韓国語を教えて話せるようにするとかするのが「韓国人」としては「理想」ではあるだろうけども・・・。私の場合は母がネイティブでも「自分が日本語を学んで生活していくのに必死で、子供に韓国語教育する余裕なんて一体どこにあるねん!」と関西弁で一喝されましたから 汗)

そんなあまり快くない経験から、ますます韓国語を勉強する気などする気もせず、韓国語を勉強したいなどとまったく思わなかった。
(まあ、いま考えればむしろ言われたことを悔しく思って、韓国語を勉強しろよとも思うのだが 笑)

でもあるとき、韓国の米軍基地周辺の基地被害の実態を現地の韓国の方が訴える講演を聞く機会があり、そのときに通訳の日本語の訳があまりにひどく「どうして自分は同じ韓国人なのこうして基地被害に苦しんでいる人が切実に訴えかけている話を、通訳を通してしか理解できないんだろうか?」と自分に悔しさを感じた、それが最初のきっかけで韓国語を勉強しなきゃと思った。

それから、その後韓流ブームなどもあり、多彩な韓国語教材が日本でも出版されるようになり、いまでは家に何冊も韓国語の本が並んおり、以前よりは多少は?韓国語は私もわかるようにはなった。

でも、やはり自分の言いたいことをスムーズに伝えるレベルに達しているわけでもないし、発音もネイティブではないので、今回2月に韓国に滞在した時も「やっぱし私は日本人扱いされるんだなぁ~」と思って、少しさびしかった。
また、やはり韓国人のチングに自分が「在日韓国人」だというと、以前と全く同じように「どうして韓国人なのに韓国語が話せないんですか?」と今回も言われ、そのときは「そんなこと言うけど、日本で生まれて育ってるんだから、仕方ないでしょ?」って言ったけど、内心は韓国人がいつも何気なく発するその一言に、いまだにやはり傷ついてしまう自分がいた。
だから、こうしていまがんばって(って、どれぐらいよ?)韓国語勉強してるんだけど?って思う・・・。

そしてその複雑な気持ちと言うのは、何も韓国人チングにだけではなく、自分自身にもイライラしたりもすることがあった。
ひとりで歩いてるとき、やたら韓国人に道を聞かれたのだが、はじめは韓国語で「日本から(日本人と言わないのがミソ)来てるからわかりません」といちいち言っていたのだが、何度も聞かれるうちに、答えるのが面倒くさくなってきて「日本人ですから・・・」と言って、話を終わらせようとする自分がいて、自分で自分のことを「日本人」という自分にもなんだか腹がたってきたり・・・。

韓国人チングが韓国人の知り合いに私を紹介してくれる際に「日本人の友達です」って言うのを聞いて、これまた複雑な気持ちになったり。
私、日本人じゃなくて在日だって言ったよね?みたいな・・・。

しばらく自分が韓国に滞在するかもしれない時に、この自分の中でいつも感じる「日本人でも韓国人でもない居心地の悪さ」みたいなもの、葛藤みたいなものは、果たして解消されるんだろうか?

たぶん在日が留学や仕事で韓国に滞在するときは、ある意味そういう意味は日本人以上に色々悩むことが多いみたいだ。
以前同じ在日の人が1年ほど留学していたときの話を聞いたときも、本国・韓国人の在日に対する無理解で苦労したようなことを言っていたように思う。

日本人でも在日のことを知らない人も多いとは思うが、ある意味本国・韓国人は日本以上に在日に関して無理解に感じる面が正直ある。

私は本当幸運にも、周りの日本の友達は本当在日に対して理解のある人が多く、知らなくても私の話に耳を傾けて、理解しようとしてくれる。
だけど、本国・韓国人は実際のところ、どうなんだろうか?
もどかしいのが、在日のおかれてる状況や気持ちを本国の韓国人に理解してほしいとは思ってみても、そういった日常会話以上の高度なレベルの話をする語彙力・会話力・表現力が自分にはないということだ。
だから気持ちをうまく伝えれられる自信もあまりない・・・。
(でも、もっと韓国語を勉強して、そういった自分の気持ちを本国人にも理解してもらえるようにならなければいけないんだろうが・・・。)

カン・サンジュン東大教授が著書「在日」の中で、いろいろ在日として生きてきた上での葛藤した気持ちをつづり、いまでも悩み続けているようなことを書かれていたが、私の人生も一生あてどなく悩み続ける人生なのだろうか?

別に普段からそういうことばかりで深刻に悩んでいるわけではないが、時に悩んでは、なかなか自分の中で答えが出ず彷徨っている、そんな気分だ。

カン・サンジュンさんが漢江を見て、あるとき悟りが開けたようなことを言っていたけど、自分にもそういう悟りの境地が来るときを祈りたい・・・・。

たぶん日本と韓国の間で暗い歴史がなければ、こんなに日本と韓国の狭間で悩んだりもせず、「日本人」と言われることにも抵抗もなく、もっとドライに割り切れるんだろうが・・・。

まことに、在日コリアンの心境たるや複雑なものなり・・・(汗)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。